美白化粧品は予防のために使うもの。スポットよりも顔全体に。

スポット型や美白パックより毎日使える美容液を使うようにするのがおすすめです

美白化粧品には化粧水、クソーム、パック、スポット型などさまぎまなものがあります。

これらのなかから、どんな化粧品を選んだらよいのでしょうか。

高価な美白パックなどには有効成分もそれなりに入っていますが、こういったものをたまに使うよりも、毎日使える商品がよいでしょう。

そう考えると、やはりクリームや美容液で、毎日ケアするのがおすすめです。

価格的にも無理のないものが続けやすいのですが、残念ながら極端に安いものは、効果もそれなりになってしまうようです。

美白化粧品の使い方

美白化粧品はシミ消しではなくシミを予防するもの。

気になる部分だけに使うのではなく、顔全体に使いましょう。

美容液など美白成分そのものを肌に浸透させる化粧品がよいでしょう。

体内からもケアが必要。シミをつくりにくくする食品やサプリ・医薬品を摂る。

シミを気にする人の多くが、ビタミン剤などでビタミンCを摂るようにしているようです。

しかし、一度できてしまったシミがビタミンCを飲んで薄くなることは、あまりないと考えてよいでしょう。

ビタミンCは確かに、メラニン色素に作用するチロシナーゼという酵素を抑制する働きがありますが、口から入れたビタミン剤では、肌に届く前に全身のいろいろなところに使われてしまい、肌の中では有効な濃度に達しません。

また、天然のものに比べると、サプリメントのビタミンは吸収率が悪いという問題もあリます。

だだし、ビタミンCは、抗酸化作用といって、紫外線によって発生した活性酵素を取り除いてくれる作用があります。

日焼けなどで発生した活性酵素を除去し、皮膚を守ってくれるのです。

できてしまったシミにはあまり効果がなくても、予防的に摂取することでシミ・シワの発生を抑制することはできるということです。

海や山など紫外線の多い場所に行く2週間前からビタミンCを多めに摂取すると、シミ予防に効果があるというデータもあります。

ビタミンCのほかにも、抗酸化作用があるといわれているものに、ポリフェノールやカロテノイドがあります。

これらは、ふだんの食事で、野菜、大豆などの食品から積極的に摂っていただきたいものです。

もしも食事からの摂取が難しいようなら、シミ用第三類医薬品のロスミンローヤルを飲むことがおススメです。

ロスミンローヤルは食品とは違い効果効能の認められた医薬品の分野に分類されます。