多くの方が悩むシミですが、そんなシミは紫外線が原因でなることがほとんど。

ロスミンローヤルで中からのシミ対策を万全にしていても、外からの紫外線対策がおろそかだと、さすがにロスミンローヤルを飲んでいたとしてもシミは沢山出来てしまいます。

ここではそんなシミの対策としてできる事や、注意点についてご紹介していきます!

 

紫外線には暑さもまぶしさもない

紫外線対策を正しくおこなうためには、紫外線のことを正しく知る必要があります。

まずは紫外線についての知識をご紹介します。

紫外線は、太陽光線に含まれているものです。

太陽光線のうち、5%は紫外線、50%は可視光線で、残りは赤外線です。

可視光線はまぶしく、赤外線は暑さ、暖かさを感じますが、紫外線自体には、暑さもまぶしさもありません。

皮膚を赤くする紫外線B波と肌の奥まで浸透する紫外線A波

紫外線には、A波(UV-A)とB波(UV-B)、C波(UV-C)があります。

紫外線A波はエネルギーは弱いものの、じわじわと肌の真皮にまで到達し、シミやシワの原因となる紫外線です。

量も多く、紫外線B波の10~100倍の量が日光に含まれています。

紫外線B波はサンバーン(肌を赤くヒリヒリさせる状態)を起こすほどエネルギーが強いものの、肌の奥までは到達しないのが特徴です。

紫外線C波は、ほとんど地上には届かないといわれています。

A波、B波ともにシミやコラーゲンの劣化、光発がん、肌老化を引き起こす原因になるため、徹底的に紫外線をブロックし、肌を守る必要があるわけです。

生理前、妊娠中は紫外線、タメージを受けやすい!?

女性のからだは、生理周期によってホルモンバランスが変わっていきますが、毎月の生理前に訪れる「黄体期」には、紫外線感受性が高まります。

ふだんよりも紫外線に敏感になり、日焼けしやすくなるので、とくに念入りなUV対策が必要です。

黄体期は、排卵から生理が始まるまで続きます。

また妊娠中も同様に、ホルモンの影響で紫外線感受性が高まります。

ただし、妊娠中にシミができやすくなるのは、ホルモンのせいだけではないようです。

体調がすっきりしないためにスキンケアがおざなりになったり、仕事に行かないからとノーメイクで過ごしたりということも原因に。

最低限外出時にファンデーションだけは塗りましょう。

「黄体ホルモン(ブロゲステロン)」とは?

黄体ホルモンは、妊娠に備えて子宮内膜を厚くする役割をもつホルモンで、排卵後に分泌が高まります。

黄体ホルモンが分泌される「黄体期」は、排卵日から始まり、生理が始まるまで約14日間続きます。

黄体期は日焼けしやすく、ニキビもできやすく、むくみや一時的な体重増加もあります。

毎朝、基礎体温を測ってみると、排卵を境に体温が上昇し、黄体期の間は高温が続きます。

ストレスにさらされた日々がシミをつくりやすくする

ホルモンバランスだけでなく、ストレスによっても紫外線の影響を受けやすくなります。

ストレスがたまってくると、自律神経の働きによって副腎皮質ホルモンが分泌されます。

このホルモンは、シミの原因になるメラニンの生成に関係があり、増えるとシミができやすくなるのです。

また、本来、人間の体内には、紫外線の害から肌を守る抗酸化物質をつくる働きがありますが、この働きは年齢とともに低下していきます。

そのため、食べ物などから抗酸化物質を補給することも必要です