シミ対策とケアに絶大な人気を誇る第三類医薬品のロスミンローヤル。

シミはできると年老いて見られる厄介なものです。

そんなシミの原因となるのは紫外線ですが、

そんな紫外線には数種類あります。

ここではそんな紫外線の種類と各危険度。

ロスミンローヤルでシミケアしていくのは効果的かどうかについてご紹介していきます

 

SPF50+・PA+++の日焼け止めを塗っていれば、一日中安心というわけではない

日焼け止めは、SPF-PAの数値が大きければOKというわけではありません。

そもそもSPFとは、日焼け止め(日焼け止め効果のあるメーク下地も同じ)を塗ったときに、何も塗らないときと比べて、UV-Bを何倍防げるかを示す数値。

最大値は50で、それ以上を50+と表示します。

例えば、SPF50なら日焼け止めを塗らないときと比べて50倍の時間紫外線を防げることに。

PAとは、UV-Aをどの程度防げるかの一応の目安。

+の数で表され、最大は+++です。

ちなみに、SPFが最大値の50なら、理論上1000~1250分間(16~20時間)、UV-Bを防げる計算に。

しかし、これはあくまで計算上の話。

いくらSPFやPAの数値の大きい日焼け止めを使っても、汗や皮脂でくすれてしまえば何も塗っていないのと同じことに…。

そもそも、真夏に一日16時間以上も外にいる人なんてめったにいないはすだし、そんなに長く外にいたら化粧もくすれてスッピン状態に…。

どんなに高いSPFの日焼け止めを使っていても、途中で何度か塗り直さなければ、日に焼けてしまいます。

日焼け止めは崩れにくさも重要

じつは、日焼け止めはSPF-PAの数値の大きさも大切ですが、製品のくずれにくさのチェックもとっても大切。

さらに、自分なりにくずさない使い方も大切です。

真夏の白くて透明な肌はSPF・PAだけでは死守できない!

日焼け止めはウォータープルーフなど、くすれない機能の高いものを選ぶこと。

塗る際にも、タップリとムラなく均一な膜をつくり、肌に完全に一体化させるなど、自分なりにくずさない使い方を研究すべきです。

UV-Bはシミの原因に!UV-Aはシワ・たるみの原因に!

じつは、紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があります。

このうち最も波長の短いUV-Cが最も危険度が高く、これまで地球には到達していないとされていましたが、オゾンホールの破壊によってすでに届き始めているという説も。

つぎに波長が短く危険度が高いのがUV-B。

紫外線の量はUV-Aに比べ3%と少ないけれど、パワーは1000倍以上と、危険度は果てしなく高い!

肌の浅いところまでしか侵入しないけれど、そのぶん肌に強く作用し、炎症・シミ・ソバ力スなどの原因になります。

一方のUV-Aは、肌の深い部分にまで侵入し、シワやたるみといった深刻な老化現象の原因に。

いずれにせよ、肌には百害あって一利ナシです!

そんな紫外線によってできてしまったシミや、身体の中から紫外線を対策するなら第三類医薬品のロスミンローヤルがおススメですので、しっかり対策していきましょう!