美肌のために必要なのは、「紫外線防止」とスキンケアでは「保湿」です。

でも、年齢によってお肌の状態は違いますよね。

そこで、年代別のスキンケアを考えてみました。

基本の紫外線防止と保湿は変わりませんが、年代別にちょっとした夫をすることで、美肌により近づけると思います。

ここでは20代・30代の人にお勧めのくふうをごしょうかいします

 

20代のスキンケアと工夫

肌の細胞の若さを保つピークの時期です。

今の状態をキープするためにまず必要なのは、ご自身の肌の状態を把握することといえます。

ニキビで悩まれている方は、まず、皮膚科などの医療機関で治療を受けてください。

それ以外の方は、素肌を指で軽く触れて感触を確かめていただきたいと思います。

20代の肌でありがちなのは、顔の部位によって肌の状態が異なるケースです。

額から鼻の周辺にかけて油分が多く、しっとりどころかベタッとした感触があります。

逆に頬から顎にかけては乾燥してちょっとザラザラした感触。

このようにお顔の部位によって肌の状態が異なっている人がいます。

保湿で気をつけることは?

保湿をするときには、それを意識して化粧品の使い分けを考えることが大切です。

洗顔後の保湿では、乾燥している部分には、コラーゲンやヒアルロン酸などの高分子で保湿効果の高いクリームや乳液を使用します。

油分が多いと感じられる部分は、自らの肌のバリア機能が有効に働いているため、保湿剤を使いすぎると毛穴が塞がってニキビの原因にもなります。

その部分は、保湿剤は使わずにそっとしておきましょう。

乾燥肌ではない方も、毎日のお化粧によって肌はダメージを受けていますので、コラーゲンなどの入った油分の少ない化粧水などで保湿をしてください。

とはいえ、わざわざ保湿剤の入った化粧品を改めて購入する必要はありません。

お手持ちの化粧水や乳液、クリームを活用して、肌の状態に合わせて使い分けを考えていただきたいと思います。

肌の状態に合わせた保湿を行うことで、肌の細胞は守られ、シミだけでなく小ジワの予防にもつながります。

たくさんのスキンケアの化粧品を使うよりも、ご自身の肌の状態を考えた保湿こそが、美肌を実現するために重要であることを認識していただきたいと思います。

紫外線対策は?

紫外線対策については、UVカットの化粧下地やファンデーションでお顔を常に保護し、こまめに化粧直しをするなど、なるべく紫外線のダメージを肌が受けないように注意してください。

20代で紫外線のダメージを受けると、シミが生じるだけでなく、30代で肌の細胞の老化が始まったときに、老化の後押しをしてしまいます。

強い紫外線は避けるように20代から心掛けていただきたいと思います。

また、ロスミンローヤルを飲んで対策していくことも非常にお勧めです!

ここで、しっかりお肌の健康をキープしてください。

それが、30代以降の細胞の老化の進行を食い止めることにもつながります。

「若いからまだ大丈夫」と思わずに、今からお肌の健康を考えた保湿や紫外線防止、規則正しい生活習慣を実践してください。

30代のスキンケアと工夫

30代の前半はまだ20代の肌の健康状態を保ちやすいのですが、長年の紫外線や化粧品などの外的な刺激によって、徐々に肌の細胞はダメージを回復できない状態に陥っています。

それに加えて細胞の老化も始まります。

さらに、仕事や子育てに忙しくストレスがたまって食生活などの生前習慣も乱れていると、女性ホルモンなどのバランスが崩れ、肌の弾力やハリもキープできない状態になりやすくなります。

まず、ご自身のお肌の状態を把握してください。

保湿できを付けることは?

しっとりとした肌をキープしているならば、その状態を維持するために高分子のコラーゲンやヒアルロン酸などの入った化粧水や乳液などで保湿をしましょう。

乾燥肌に陥ってしまっている人は、コラーゲンやヒアルロン酸などの入った乳液やクリームなどでしっかり保湿をしてください。

保湿はシミや小ジワの予防にもなるので手を抜かないように。

とはいえ、特別な化粧品は必要ありません。

お手持ちのスキンケアの化粧品で、肌に合ったものを活用していただければと思います。

毛穴の黒ずみ対策・紫外線対策は?

毛穴の黒ずみは、ピーリングで改善することが可能ですが、自己判断で取り組みすぎると、逆に肌の組織を傷つけることにもつながるので注意してください。

紫外線防止や保湿をしっかり行っていても、シミが生じてしまったという方は、シミの種類はどんなシミなのか確認を。

それに合わせたシミ対策が必要になります。

ただし、肌の奥にメラニン色素が沈殿して生じたシミは、洗顔や保湿だけで消すことはできません。

肌の中側からしっかりケアできるようにロスミンローヤルを効果的に使用していきましょう!

そして、シミを増やさないことに重点を置いて考えていただきたいのです。

繰り返しますが、保湿と紫外線防止、さらには細胞を元気にする生活習慣の見直しを心掛けてください。

たるみ対策は?

たるみは、顔の表情筋を動かすことで解消することもありますが、基本的にのびてしまった皮膚は元には戻りません。

顔面マッサージを強く行えば、肌の細胞には新たな刺激にもなりますので注意が必要です。

たるみをカバーするには、常に笑顔を心掛けましょう。

たくさんの笑顔は、目尻や口元に笑いシワを作ることもありますが、たるみを解消するにはとってもいいトレーニングになります。

シワは、肌の組織が変性して生じてしまった場合には、医療機関の治療を受けない限り消すことはできません。

ただ、表情筋に合わせて肌の表面が動いている状態であれば、肌の細胞を健康に保つことで少しずつ消すことは可能になります。

シワやシミが気になっている方は、まず保湿をしっかりとして、ロスミンローヤルを飲んで肌の健康を取り戻す努力をしていただきたいと思います。