第三類医薬品のロスミンローヤルですが、シミやシワへの効果が認められている医薬品として多くの女性に人気です。

ではできてしまったシミ・シワを改善しようとした時皆様はどんな処置を取ろうと思いますか?

お医者さんに行ってレーザー治療や美容整形をする・スキンケアで予防する・医薬品を飲んで根本から治す、様々な方法があると思います。

その中で最も多いのがスキンケアで何とかしようというものです・・・

シミ用クリームを塗る・シミ・シワ用美容液でケアなどを考える方は多いんではないでしょうか?

ではそのスキンケアは本当にシミ・シワを良くしてくれるのでしょうか?

ここではそんな「化粧品」と「医薬部外品」「医薬品」の違いについてご紹介していきます

そのことからロスミンローヤルは本当に効果があるのか見極めていただければと思います!
 

化粧品に「効果」を期待してはいけない

今やファッションのひとつのようになっているお化粧によって、シミやシワをカバーすることはできます。

でも、あくまでもカバーであって、お肌の改善にはなりません。

お化粧を落とせば、肌の状態は元のまま。シミやシワも消えることはないのです。

そして、スキンケアの化粧品についても、保湿以外の働きには期待が持てません。

なぜならば、化粧品は医薬品ではないからです。

薬と化粧品の違いは、配合できる成分の種類とその成分量にあり、化粧品に配合できる成分と量は、薬事法で定められています。

その法律では、全ての化粧品に配合してはならないもの、石鹸や化粧水などの使用目的で制限されるものなどがありますが、化粧品として配合できる成分は、「その使用によって保健衛生上の危険を生じるおそれがあるものであってはならない」というのが大原則になっています。

化粧品は、薬のように、1日1回1錠を飲みなさいといった使用方法の厳しい規定はありません。

高価な美容液を惜しげもなく使う人もいるでしょうし、お手頃な化粧水をジャバジャバとお顔に塗っている人もいます。

化粧品の使用用量や用法も、薬と同様に薬事法で定められてはいますが、薬のように専門家である薬剤師さんや医師が指導するようなことはありません。

誰が購入し、どれだけ使うかわからない。

それでも、「保健衛生上の危険を生じるおそれ」はないようにしなければならないのです。

つまり、一度に使い切ってしまうほどの無茶な方法は別として、誰もがアバウトに使用しても人体に影響を及ぼさない。

その程度の成分しか配合できないということです。

薬用と医薬品は違う!勘違いしてる人は注意。

化粧品の中には、「薬用化粧品」と記載されているものがあります。

「薬用」という言葉からして薬っぽいのですが、医薬品ではありません。

薬事法では、薬用化粧品は医薬部外品と定められています。

医薬部外品は、化粧品よりも効能効果が期待できる成分を配合することができます。

ただし、医薬部外品も薬とはいえません。

化粧品よりも効果はあるけれども、医薬品ではない。

いわば化粧品と医薬品の中間のようなポジションです。

そのため、人体への影響が少ない範囲でしか配合成分は認められていません。

ただ、医薬品と医薬部外品の違いは、消費者にとってわかりづらくなっています。

たとえば、仕事や家事でぐったりと疲れたときに、疲労回復のために何かを飲むとしましょう。

ビタミン類の入っているジュースよりは、医薬部外品のドリンク剤を手にしませんか。

そのドリンク剤と、薬局で販売されている一般用医薬品の栄養剤では、どちらを選びますか?

店頭の薬剤師さんに相談すると、一般用医薬品をすすめられるかもしれません。

でも、ご自身で決めるとしたらどうですか?お手頃な値段の医薬部外品を手にする人もいるはずです。

一般用医薬品の方が、効能効果がはっきりしているにも関わらず、同じように滋養強壮作用があるドリンク剤を飲む。

育毛剤業界でも同じことが起こっている!

肌に関係した話でいえば、毛髪剤でも同様のことが起こっています。

1999年にミノキシジルという成分を配合した育毛剤は、一般用医薬品として初めて厚生労働省の承認を受けましたが、その他の育毛剤は医薬部外品が多い。

従来からもうひとつ医薬品として認められている育毛剤はありましたが、その他は医薬部外品もしくは化粧品の分類です。

宣伝文句を見ると、どれも薄毛を改善してくれそうで、消費者は戸惑うばかりでした。

その状況を打開するために、2010年に日本皮膚科学会で発表された「男性型脱毛症診療ガイドライン」では、ミノキシジルの育毛剤を推奨度A(行うよう強くすすめられる)と発表したのです。

推奨度Aだったのは、フィナステリドの内服薬とミノキシジルだけで、他の育毛剤については、「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」もしくは「根拠がないので勧められない」でした。

それでも、有毛剤は店頭にたくさん並び続けています。

このように、効果に対して「十分な根拠がない」ものでも、化粧品ならば大手を振って商品として店頭に並ぶことが可能です。

成分やその量などを法律に基づいて配合していれば、化粧品でも、医薬部外品でも、同じように店頭に置かれているわけですから、山のように商品があるのも無理はないことといえます。

医薬部外品と医薬品

みなさんのお気に入りの化粧品はまったく効果がない、というわけではありません。

ただ、「美白」の文字だけを見て効果に過大な期待をかけすぎないようにしていただきたいと思います。

化粧品も医薬部外品も、医薬品ではないことを改めて申し上げておきます。

ロスミンローヤルは立派な第三類医薬品で、効果効能が認められているシミ用医薬品です!

表面からせっせとスキンケアに期待してがんばるより、ちゃんと効果のあるロスミンローヤルで身体の内側からケアしていくことを強くお勧めします!