シミと小じわ対策に効果的と話題のロスミンローヤル!

ここではそんなロスミンローヤルと美白用化粧品の各特徴と、

これらがどのような部分で効果を発揮してくれるのか?

効果的な使いだすタイミングもご紹介していきます!
 

美白のメカニズムと各働きによるおススメは?

そもそも美白のメカニズムは、大きく3つのステップに分けられます。

①表皮から発せられる「メラニンをつくれ!」という指令をストップさせるステップ。

②メラニンの工場であるメラノサイトに働きかけてメラニンの製造をストップさせるステップ(メラノサイトの中で働くチロシナーゼという酵素の働きを邪魔したり、DNAレベルでチロシナーゼをつくらせないようにする)。

③できてしまったメラニンを早く出ていくようにターンオーバー(肌の生まれ変わり)をバックアップするステップ。

ほとんどの美白用化粧品は②をメインに①と③を組み合わせてつくられています。

それというのも、美白はすべて先手必勝だから!

一方ロスミンローヤルはどうかというと、実はそのすべてに働きかけてくれるように有効成分が入っています!

ただ、ロスミンローヤルの重要な働きはなのは②と③がメインになってくると思います!

美白化粧品は新しいシミ予防に!

では、中からはロスミンローヤルに任せるとして、予防はどうすればいいかというと、美白用化粧品を使えばより良いと思います。

美白化粧品は、できたばかりの新しいシミ&新たなシミをつくらないために、特に効果を発揮してくれます!

シミは紫外線を浴びたまさにその一瞬にスイッチが入ってしまい、そこからわすか3日でシミの元となるメラニンができ上がってしまうからです。

だから、ほとんどの美白化粧品は、紫外線のダメージに早い段階でストップをかけることに、主眼を置いているのです。

できてしまったシミに対するアプ口ーチは最近になってやっと本格化したところ。

つまり、美白が真の実力を発揮するのは、事後の対処より、むしろ事前の予防というわけなのです。

例えば美白化粧品をもう何年も顔にあるシミに思い立って塗ってみても、ハッキリとした手ごたえが得られないのはこういう理由。

美白化粧品は、できたばかりの新しいシミに、また新たなシミをつくらないためにこそ、使うべきなのです

美自化粧品を使い始めるベストタイミングはいつ?

美白化粧品は日焼けする前から使っておくのがベス卜。

肌の透明感を死守したいなう、一年中美白が鉄則です。

メラニンのスイッチは、まさに紫外線を浴びた、その一瞬にオンになってしまいます。

紫外線を浴びると、肌の表面の細胞からメラニンをつくるよう次々に指令が出され、メラニンの工場であるメラノサイトが動き出します。

また、紫外線を浴びることで肌の中に発生する活性酸素が直接的にメラノサイトにダメージを与えます。

日焼けしてから使うのではギリギリ。

シミが出始めてからでは、完全に手遅れです。

美白こそは、備えあれば憂いなし!

美白は白い肌の「保険」と考えて、日頃の備えを完壁に。

日常的に美白を習慣にしていれば、紫外線のダメージに即座に対処できる美白反応力の高い肌でいられます。

ロスミンローヤルは飲み始めるベストなタイミングは?

ロスミンローヤルは体の中側から今あるシミとこれからのシミに働き掛けて効果を発揮してくれます

ですので、常に体の中にその成分がある状態にしておくのがベストです!

すでにできてしまっていても、これから予防しようと思っている段階でも、いつでもロスミンローヤルを始めることをお勧めします!

早めに飲んで、シミへの対応力が強い肌を作っておきましょう♪