シミにはロスミンローヤルが効果的と話題ですが、

そんなシミには種類があります。

自分がどんなタイプか知った上でケアしていくことが大切です

ロスミンローヤルは体の中からのケアなので、基本的には効果的ですが、外からのケアでは限界があります。

ここではそんな外からのケアで知っておきたい注意点についてご紹介していこうと思います
 

美白化粧品が効かないシミもある

「あれっ、シミができている!」と、あるとき急に気になりだし、美白化粧品でケアを始める人が多いようです。

でも残念ながら、美白化粧品が必ず効果的かというと、そうでもありません。

シミにはいくつかの種類があり、タイプによってケアの方法が違います。

なかでも、多くの女性が気にするシミは、日焼けの積み重ねによってできる「老人性色素斑」。

このシミの場合、見えるか見えないか程度のごく薄い初期段階であれば、美白化粧品を使う意味があるでしょう。

ただし、はっきり完成してしまった老人性色素斑を美白化粧品で消すことは困難です。

そもそも美白化粧品とは、メラニンをつくり出すメラノサイトという細胞の働きを阻害するようにできています。

ですから、メラニンが過剰に生産されているようなときに効力を発揮するのです。

多くの女性が気にする老人性色素斑というシミは、紫外線でできるシミですが、これは、進行したものは皮膚の構造自体が変化してしまっているため、美白化粧品でメラノサイトの働きを阻害してもシミは消えないのです。

まずは、自分のシミの種類を知ること。

そして、正しいケアの方法を知ることが第一歩です。

シミの種類が自己診断できない場合は、美容皮膚科で相談してみましょう。

美白化粧品の効かないシミに、延々と高価な化粧品を塗り続けることは避けたいものです。

「美白っぽい」イメージにまどわされない

最近の美白ブームで、お店には美白化粧品が目白押しです。

でも、「OOホワイト」のような名のついた化粧品でも、美白成分を含んでいないものもなかにはあるので、美白化粧品を選ぶときは注意が必要です。

イメージで美白っぽい化粧品を選んでも、満足な効果は得られません。

美白化粧品を選ぶ際は、まずは美白成分が確実に入っているかどうかを確認しましょう。

「医薬部外品」とは?

医薬部外品とは、厚生労働省の承認を受けた成分を配合した、医薬品と化粧品の中間に位置するものです。

たとえば、医薬部外品の美白化粧品であれば、美白成分のいずれかが含まれているということになります(ただし部外品には全成分表示はありません)。

医薬部外品は「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」などと効能をうたうことも認められています。

迷ったら、医薬部外品を選ぶのもひとつの方法です。