多くの女性が悩んでいる「シミ」。

ある日突然シミをみつけ、あわてて美白ケアをする方も多いかとは思いますが、

実はシミには種類があり、各タイプ別で適したケア方法や改善方法が異なることをご存知でしょうか??

ここではそんなシミの各種類別での特徴やケア方法についてご紹介していきますので、是非ご自身のシミがどのタイプなのか確認して、シミケアをしていってください!

身体の中からのケアにはロスミンローヤルがおススメですので、ここで紹介する外からの改善方法と併用してロスミンローヤルで中からシミ対策していくことをお勧めします!

 

老人性色素斑

「シミ」といわれるもののなかで、もっともポピュラーなもの。

いわゆる日焼けの積み重ねによってできるシミです。

おもにほお骨の高い部分に1cm大くらいまでの薄い茶色の丸い色素斑ができ、次第に濃くなっていきます。

何年も経つうちに大きくなったり、イボのように盛り上がってくる場合もあります。

老人性色素斑のケア方法

ごく初期の薄いものであれば、美白化粧品やピーリングなどのケアも有効ですが、濃くなり輪郭がはっきりしてきたものは、レーザー治療でないと消せません。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

老人性色素斑が定着し、さらに盛り上がってきたもの。

表面がボツボツしているのが特徴です。

手の甲などの茶色いシミは、多くの場合このタイプです。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)のケア方法

皮膚構造が変化してしまっているため、美白化粧品を使っても効果はありません。

レーザー治療や、液体窒素による凍結療法で消せる場合もあります。

雀卵斑(ソバカス)

小さなシミをソバカスと呼ぶことがありますが、厳密にはソバカスは遺伝的なものを指します。

遺伝的にこの体質をもっている人は、10代のころから鼻のまわりに小さい茶色いシミが散らばったようにできます。

よく見ると、シミのひとつひとつが、丸ではなく三角や四角になっています。

雀卵斑(ソバカス)のケア方法

レーザーで治療すればきれいにとれますが再発するケースも。

皮膚構造は正常なので、理論的には美白化粧品が効くはずですが、実際にはあまり効きめはよくないようです。

炎症性色素沈着

ニキビや傷など肌に何か炎症が起こり、その痕が茶色くシミになって残ったもの。

時間が経てば消えることもありますが、消えるまでに2~3年かかる場合も。

またコットンで肌をたたいたりこすったりすることを長年続けていると、ほお全体にこのシミが現れることもあります。

炎症性色素沈着のケア方法

ピーリンクをおこなうと、早くとることができます。

美白化粧品の併用もおすすめです。

肝班

女性ホルモンのバランスが乱れることであらわれるシミ。

ほお骨のあたりにモヤモヤと左右対称にできることが多く、妊娠中やピル服用時、更年期の人によく見られます。

色は茶色、灰色など。

点状でなく、刷毛で塗ったように大きな局面のシミになります。

額や鼻の下にできることも。

肝班のケア方法

レーザー治療は不向き。

トラネキサム酸の服用で薄くなることが多く、ピーリング、美白化粧品も有効です。

花弁状色素斑

海などで急に日焼けしたあとに、肩から背中にかけてできるシミ。

ひとつひとつは小さく、よく見ると花びらのような形をしているのが特徴です。

日焼けをして数年経ってから発生する場合もあるので、要注意。

花弁状色素斑のケア方法

レーザー治療が確実です。

そのほかのケアで消すことはむずかしいようです。