できてしまったシミを改善するのには化粧品を始め医薬品であるロスミンローヤルでケアするのは一つの手ですが、

改善法の中には医療機関でのレーザー治療や薬剤治療などもありますよね?

ではそのような治療にはどのようなメリットやデメリットが存在するのでしょうか?

ここではそんなレーザー治療や薬剤治療のデメリットについてもご紹介していきます!

 

シミ取り厳禁!

紫外線と老化によって、年を重ねれば多くの方の肌にシミは出やすくなります。

若い頃からシミに悩まされる方もいるため、シミを消したいと思う人の心理をついて、シミ取りの化粧品は山のように売り出されています。

それを使用して満足されている方はともかく、化粧品では効果がないゆえに、皮膚科でのシミ取りを考えている方もいるはずです。

シミで悩んでいる方には怒られてしまうかもしれませんが、私はシミ取りをあまりおすすめしていません。

肌の状態をより悪くなってしまうことがあるからです。

美肌を手に入れるための行為が逆効果につながる。

それを避けるには、無理にシミ取りをしない方がいいのです。

肌の奥にメラニン色素が沈着してできるシミは、化粧品では消すことができません。

しかし、シミのある肌の細胞や組織をレーザーや薬剤で取り除いてしまえば、シミは消えます。

それが、皮科などで行われているシミ取りです。

レーザーや薬剤でのシミ取りはこんなデメリットも!

ただし、そのとき肌の細胞は破壊された状態になります。

つまり、バリア機能が完全に破壊されてしまうのです。

バリア機能が失われた肌では、紫外線を受けると、防御反応によってメラニン色素がたくさん作られます。

肌の表面の防御がなくなったために、どんどん侵入してくる紫外線に対して、盾となるメラニン色素をたくさん作る必要があるからです。

本来であれば、余分なメラニン色素は、肌の表面に押し上げられてアカと一緒に身体の外に捨てられます。

ところが、シミ取りで細胞が破壊されているために、たくさんのメラニン色素は行き場を失って沈着し、新たなシミができやすいのです。

それを防ぐため、治療の後に「紫外線を浴びないようにしてください」と医師はアドバイスすると思います。

シミ取り後に、紫外線を避けて、肌の再生を待つことで、シミのない肌の実現は可能です

新たなシミもなく、肌はキレイになるといいたいところですが、元通りに再生できないことがあるのです。

顔の肌の薄い組織構造は、皮膚科や形成外科医にとって悩ましい身体の器官でもあります。

色素細胞が存在しているのは、肌の構造のスポンジとその上にあるハンカチの間です。

専門用語では、「真皮」と「表皮の底の基底層」の間といいます。

シミを取るためにハンカチの部分をはがせば当然色素細胞も失われてしまいます。

肌が再生して色素細胞も蘇れば良いのですが、破壊されたまま回復できなくなってしまうことがあるのです。

その結果、レーザーや薬剤で治療をした部分だけが、白抜きしたような状態になることがあります。

私たち日本人は黄色人種です。

肌の色がもともと透きとおるように白い人でも、白人の方々よりも肌のメラニン色素は多い。

しかし、シミ取りをして色素細胞が破壊されると、その部分だけメラニン色素が少なくなってしまうのです。

結局、小さなシミが消えた後には、白いシミが浮かび上がる。

そんな状態がシミ取りでは起こりやすいのです。

レーザーによる後遺症が違う悩みを引き起こす!?

薄茶色のシミは消えて悩みを解消するはずが、白いシミが目立つようになってしまう。

それを避けるには、無闘にシミ取りを行わないことが肝心といえます。

もちろん、シミ取りを行っている医師は、治療内容を事前にお話しする義務があります。

そして、放っておくとどんどん大きくなって、数も増えてしまうシミもあるので、全てのシミ抜きが悪いわけではありません。

ただ、シミ抜きでは、肌の一部分だけが白くなってしまう恐れがあるという事実を知っておいていただきたいのです。

できてしまったものには化粧品でなく医薬品を!

化粧品のシミ取りに関していえば、紫外線と老化に関するシミには、ほとんど効果はありません。

化粧品は医薬品ではなく、白ヌケになる心配もないかわりに効果もほとんど期待できないのです。

皮膚科でのシミ取りは悩める人にとって最終手段ですが、そうなる前にシミを作らないよう予防することが大切です。

また、できてしまったものは仕方ないので、医薬品のロスミンローヤルで身体の中からケアしましょう!

とにかく「シミはシミ取りで簡単に消せる」と思い込むのは止めましょう。

医療機関の治療にもリスクがあり、化粧品でなんとかしようと思っても無理なのですから

すでにシミができて悩んでいる方は、一度、医療機関へ相談するのも一考です。

ただし、シミ取り治療の前に最も大切なのは、ご自身でできる予防といえます。

それ以上シミを増やさないようにするために、紫外線を避けて細胞の老化を食い止めれば、数を増やさずに済むはずです。

「シミ取り」ではなく「シミ避け」を実践してください。

それこそがシミの悩みから解放される改善策ですし、なってしまったものにはロスミンローヤルでケアするのが最適だと私は思っています。